仙台整体コラム|怪力乱神を語らずvol.1|はじめに1

2017年12月12日

「知識と経験」とはどちらが欠けても意味があまり無いと常々思っています。

このコラムのタイトルである「怪力乱神を語らず」とは孔子の言葉です。

国を治めるに実証が不可能な力、実現可能性が低い力や特殊な力または人間の手に余る不可思議な現象や妖力のようなものに頼ろうとしてそれについて延々と論じても意味がないという程度の意味です。
似たようなことを考えた人は他にもいまして、ドイツのオルタナティブ哲学者ニーチェも怪力乱神ばかりを語る人のことを「背後世界論者」として批判しています。

この言葉は私の座右とも言えるものです。

キリストがいうように人はパンのみで生きている訳ではありませんが、パンもないと生きていけません。飢えている人には神の言葉も必要ですが、現実的な救済も同じように必要です。
人間が人間であるために、そして生を肯定するためにはパンと神の言葉、両方ともに不可欠なものなのです。ここで私は知識と経験という対比を良く用いるのですが、どちらを切り捨てても人はおかしなことになります。

経験の無い知識は空論に陥り易いものですが、知識の無い経験の方がよほど人の思考を狭め、思い込みと思考停止に誘います。知識は常にブラッシュアップされる機会が用意されていますが、経験にはそれがあまり無いのです。そして、人間は経験を絶対化しがちな動物であるのでちっぽけな自分のいっときの経験から得た感覚に固執します。

一人の人間の生涯なんて本当に短い。そして、苦闘の人類史に比べたら、一人の人間が実際に経験できることなんてそんなに多くありません。

しかし巷の経験主義者はそれを忘れてしまいます。知識がないからです。トートロジーめいた言辞になってしまいますが、結局のところ知識がないと己の経験を相対化することができないので、自分のちっぽけな経験の殻に閉じこもる傾向が強くなるのです。

そこで彼らから絞り出される言葉は「想像力」です。「知識は想像力の障害」だという印象を持つ人は少なくありません。この印象は多分に「想像力」と「創造力」を混同しているところがあると思いますが、それでも大した違いはありません。「知識」と「想像力」ないし「創造力」を「対立する項目」だと考えてしまうところに根本的な間違いがあるからです。

想像力にせよ創造力にせよ、その骨格をなすものは知識に他なりません。想像力の翼は知識という骨格なくしては羽ばたかせることが出来ないのです。 

さて、まるで知識と経験を対立する項目のように扱っていましたが、現代の我々にとっては厳密にはそれも少し間違っているのかもしれません。 我々にとって知識も経験も「脳」を中心として蓄積されるという誤謬があるからです。

江戸時代から「脳化」してきた?

解剖学者の養老孟司氏は日本人は江戸時代を通じて「脳化」してきたと言います。
ここで言う「脳化」とは「身体を忘れてきた」ということです。世界を認識する上で、身体的な感覚から思考を組み立てるのではなくて、全てに脳が先行する。日本人は江戸期を通じて徹底的に脳化の歴史を辿ってきたわけです。この考えは後の近代的な大脳中心主義とも似たものですが、私は明治以降の現象であると漠然と思っていました。しかし、氏は明治維新は制度的なフィルターに過ぎないと言います。御一新による近代化で脳化したわけでは無い、と。明治とは「江戸」が維新というフィルターで濾されただけのものという発想でした。その指摘を受けて見返してみれば、確かに写楽、国吉、芳年の浮世絵を見ても、その発想は明らかに脳髄から見た身体を遊んでいるといった風で、むしろモダンさを感じます。また日本独特の「すい」「つう」「いき」といった美学にも身体の脳的な捉え返しの妙を感じてしまいます。
「心意気」が身体所作を作るという発想は確かに脳化と言えるかもしれません。

仙台の整体|肩こり腰痛めまいなら伊東鍼灸整骨院へ

 

 

整体キャンセル情報(3/18水曜日)|肩こり腰痛めまいなら伊東鍼灸整骨院

2020年03月17日

 

18日の水曜日 午前11時にお一人空きが出ました。
ご予約希望の患者さんはお早めにご連絡くださいね。

キャンセル待ちを受け付けております。定期的な通院が必要な患者さんは二ヶ月程度先までの予約も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

交通事故患者さんのご相談は随時受け付けております。

 

来週の整体ご予約状況(3/16〜)|仙台の整体〜腰痛なら伊東鍼灸整骨院

2020年03月13日

来週(3/16〜)の整体ご予約状況
仙台の整体|肩こり腰痛めまいなら伊東鍼灸整骨院

来週のご予約は18日水曜日の午後3時のみ空いております。そのほかは全て満員となっております。
交通事故患者さんのご相談などは随時受付を致しております。
また、急患などは私の気力体力予定の有無次第では夜の9時以降でも受け付ける場合がございますのでご相談ください。
またキャンセル待ちなども受け付けております。当日でもキャンセル等出る場合がございますのでお気軽にご連絡ください。
また二ヶ月程度先までのご予約を入れていただくことも可能ですのでご相談ください。
空気も随分と緩んでまいりました。自律神経が失調しがちな春をご一緒に乗り切りましょう!仙台の整体なら伊東鍼灸整骨院へ!

安産治療での嬉しいご報告|仙台のマタニティ整体なら伊東鍼灸整骨院

2020年03月13日

〜嬉しい電話〜 仙台の整体なら伊東鍼灸整骨院
昨夜のことです。
最終の患者さんを診てたら電話が鳴りました。
電話の主は最近通っていた妊婦さん。
前日に来たばかり。腰痛がぶり返したかな?と思い話を聞くと、心なしか弾んだ声で「産まれました!」という。
え?と驚く私に続け様に「治療受けた後からすぐに陣痛が来て3時間で産まれました、本当に陣痛きましたよ すごい」と嬉しそうに話す彼女。
実は、前日に来院した際にこのような会話があった。
「先生、先日の検診で3000g越えてると言われたんです。だから早く産みたくて。お願いします。今日は主人も休みなので、今日産みたい(笑)」
と、いうことで安産治療を施した。
その上でのご報告。予定日まで十日以上あったのですが、久々に鳥肌が立ちましたねぇ。
「本当におめでとうございます!」と伝え、電話をおいた。
うちに来ている妊婦さんはとにかく安産。最短では45分という方もいるのです(笑)
逆子にしても安産にしても、「骨格の構造的合理性」を活かすのが大切なんです。背中の力が抜けて骨盤の拡がりも良くなります。
何より安眠できるというのが妊婦さんには大きいのです。
今の医療は構造を忘れている。しかも、医科だけなら仕方ないが、本来ならばそのようなアプローチをするべき「整体」や「整骨院」もそれを忘れているところが多いのが残念です。

マタニティ整体なら伊東鍼灸整骨院!ということです(笑)

https://sendai-seitai.jp/

今週(1/27〜)の整体ご予約状況|仙台の整体なら伊東鍼灸整骨院

2020年01月28日

大寒らしからぬ暖かい日々が続いていおりますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
暖かい日々の割にはやはりインフルエンザなども猛威を奮っているようです。くれぐれもご自愛ください。

今週は1/30木曜日の午後8時のみ空いております。
治療ご希望の患者さんはお早めにご連絡ください。

交通事故の患者さんの受付ご相談は随時受け付けております。

令和2年もすでに一月が過ぎようとしております。今年も精一杯駆け抜けて参ろうかと思います。よろしくお願いします。

仙台の整体、肩こり腰痛めまい  伊東鍼灸整骨院

 

今週の整体キャンセル情報(1/15)

2020年01月14日

15日水曜日の午前11時にキャンセルがございました。
治療ご希望の患者さんはお早めにご連絡くださいね。

022-266-5234

https://sendai-seitai.jp/

来週の整体ご予約状況(12/24~本年最終週)|仙台の整体なら伊東鍼灸整骨院

2019年12月20日

本年の最終週のご予約状況をお知らせします。

全て埋まっております。ただいまキャンセル待ちおよび新年4日からのご予約を受け付けております。
ただ、暮れですので体調不良などでキャンセルが出る場合もございます。前日、当日でもお気軽にお電話くださいね。
新年は4日土曜日から開始いたします。今年もしっかり身体を整えて一年を締めくくりましょう!
本年も沢山の皆様にご来院いただきました。本当にありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。
仙台の整体 肩こり腰痛めまい交通事故治療なら伊東鍼灸整骨院へ!

今週の整体ご予約状況(12/3)

2019年12月2日

今週は師走の月初ということもございまして、皆様忙しく、ちらほらと空きがございます。

12/4(水)19時
12/6(金)11時 17時 
12/7 (土) 10時 11時 14時 15時

上記が空いております。
治療をご希望の患者さんはお早目にご連絡賜ればと思います。
交通事故のご相談は随時受け付けております。
小雪が舞い散る季節となりました。皆様、くれぐれもご自愛ください。

今週の整体ご予約状況(10/13)|仙台の整体なら伊東鍼灸整骨院

2019年10月14日

台風19号はとてつもない爪痕を残していきました。
災害に遭われた皆様の1日も早い復興を願っております。
また、命を亡くされた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ご遺族の皆様の心の傷が癒え、前を向いて歩ける日がきますよう重ねて願っております。

防災インフラの更新および強化をする時期です。送電線の強化、治水など、日本は現在デフレなのですから、もっともっと国債を発行していいはずです。増税なんてしている場合ではありません。しっかりとした量的緩和もせずに、緊縮をする。また日本は同じ過ちを繰り返すのでしょうか。なぜ変わらないのでしょう。それをやっているのは、実は私たちの代表である政治家ではないからです。今回のような悲劇は、そう言った構造を考える契機にすべきであるとも思います。逃げることなく、物事の構造を考えることは何よりも大事なことなのです。これは人の身体についても同じです。

今週は18日金曜日の午前11時が空いております。他は満員となっております。
今週のご予約はキャンセル待ちを受け付けております。
来週のご予約を受付中です。交通事故の患者さんは随時ご相談受け付けております。
HPがSSL化いたしまして、より安全にサイトにアクセスいただけるようになりました。

それでは今週もよろしくお願いします。仙台の整体 肩こり腰痛めまいなら伊東鍼灸整骨院へ

1 2 3 4 5 6